インペラーって何?

ポンプの構造を説明する上で欠かすことの出来ないパーツと言われるインペラーですが、これがなければポンプが動かなくなってしまいます。それだけ、重要なパーツとなっているのです。日本語で羽根車と呼ばれますが、言葉を見たら分かるように、ぐるぐると回ることによって液体や気体を動かす役割を果たしてくれます。ポンプではないけれど、船のスクリューも羽根車となっています。ぐるぐる回ることで、前進や後進をしているのです。
そんな羽根車も、オープンとクローズドに2つに分類されています。どちらも羽根車のことを指しているのですが、羽がむき出しになっているか側板でおおわれているかのどちらかになります。オープンに関しては実は身近に存在しています。扇風機や洗濯機、換気扇が挙げられますがこれをクローズドにしてしまうと意味がありません。例えば、扇風機の場合風が出ないという苦情が出てくる可能性が考えられます。

こだわりの品質をもった業者だけでなく信頼性が高い業者を選ぶ

製品を購入しようと思った時に、少しでもこだわりのある業者を選びたいものです。中には、50年以上にわたって設計や製造をしてきた業者もあります。小型のものから大型のものまでインペラーの種類は様々です。そのうえで、行程や管理体制の合理化によってコスト性が高い製品を提供していることが多い業者もあるのです。品質にこだわったものこそ、重要なポイントですが、信頼性も重要になります。これは、製品をの部品を使用するうえでも重要なことになってきます。
省エネや環境に関して考えている企業も選ぶうえで大切です。しっかり考えているのなら、安心感があり選ぶ際の決め手にもなります。中には、リーズナブルな価格で提供している業者もあるため、気になるところがあれば問い合わせてみましょう。

製作して納品するまでどういった流れになっているのか

最適なインペラーを納品してくれる業者を見つけたら、製作方法や納品の流れを知っておくべきです。まず、問い合わせをします。その後、提案や見積もりをしてくれるので、その提案書や見積書を確認します。次に設計や製図を行うのですが、綿密な計算や部材の選択を行ってから外形図を描くことが多くなっています。出来上がった段階で提出してくれるので安心です。
製作方法は、まず材料の裁断や切削を行います。そのあと、溶接を行ってからバランスの修正を行います。組み立てて仕上げ塗装をしてから試運転を行います。試運転が完了したら、荷造り、納品をします。通常の納品と変わりはないですが、一般的な流れを知っておくといいでしょう。

ホテル/学校/駅ビルなどの空調機用各種送風機で使われています。 クーリングタワー用ファン用送風機で使われています。 設立年月日は、1965年4月です。 本社・工場は、埼玉県越谷市宮本町3-133に御座います。 今後とも尚一層ご愛顧下さいますようお願い申し上げます。 自動車の場合は、国道4号線、谷中交差点より約2分(800m左側)です。 繊細に部品が作りこまれたインペラーを業務用として活用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加